にじのしま、加計呂麻島の海宿5マイルの日々


by rainbow-island-5

小学校の遠泳大会

先日、近所の小学校で遠泳大会がありました。
水泳大会ではありません。遠泳大会です。

5マイルの前の浜から、反対側の於斉(おさい)という集落の浜まで泳ぎます。
と、遠い! 1km以上あります。
低学年はビート板を使いますが、高学年は使わず!
加計呂麻の子どもたち、おそるべし。

e0220493_13145689.jpg

私は6年生の男の子の伴走ならぬ伴泳をすることに。
伴泳する大人は、一応シュノーケル&フィンを付けて、ビート板を持ちます。

5マイルのある伊子茂の湾は、十数メートル行くとすぐに深くなります。
底の見えない海を、一掻き一掻き、進んで行きます。

まわり一面深い海、小さな腕で、一生懸命泳ぐ子ども。
できればビート板を使わずに、ゴールさせてあげたい!
がんばれー!三分の一きたぞーと声をかけます。

なんだか水中から見ていると…グッとこみ上げて来るものがありました。

伴泳していた子は、途中余裕が出たのか
「底が見えるよ」
「イカの子どもがいた」
と、平泳ぎの息継ぎの際に見えたものを実況。

於斉の浜に近づいていくと、段々おばあたちが叩くチヂン(奄美の太鼓)の音が聞こえてきました。
浜にはゴールテープがあって、先生、地域の人達、みんな笑顔で迎えてくれます。

我が5マイルの麻潮ちゃんも、ビート板を使って見事完泳!
e0220493_1451963.jpg


全員、無事到着!
お疲れ様でした〜

到着後、閉会式での校長先生のお話で
「これからの生活の中でも、無理だと思うことがあるかもしれない。
でも今日のように少しずつ少しずつ進めば、いつかゴールできる。」
という、すごく心に響く挨拶がありました。

その後は、親御さんたちが作ってくれたカレーライスを
みんなでガジュマルの木の下で食べました。
おかわりもしちゃうほど美味しかったです!

この日、奄美は梅雨明け。
加計呂麻もいよいよ夏らしくなってきました!!

昨日の獲物、テラダ(トビンニャともいう)。
目が合うし、足でぴょんと跳ねるアクティブ派!
普通は茹でて食べますが、お刺身にすると美味しいと聞きました。
e0220493_14135821.jpg


おとうの獲物“ハージン”、夕飯にでることがあるのですが激うまです。
e0220493_1415730.jpg


みなさんも、加計呂麻の海に遊びに来てくださいね。


wrote by momoko
[PR]
by rainbow-island-5 | 2014-07-15 14:21 | スタッフ | Comments(0)