にじのしま、加計呂麻島の海宿5マイルの日々


by rainbow-island-5

うつくしいしま

梅雨の晴れ間。
e0220493_22183678.jpg
海がだんだん 夏の色。
そらもだんだん 夏の色。
e0220493_22212214.jpg
ここにくるたび こころ洗われる
e0220493_22254327.jpg
ここにくるたび 手をあわせて
e0220493_22264434.jpg
いま ここ 生きてる事に 感謝します。
e0220493_22282267.jpg
とうとがなし。
e0220493_22423926.jpg

5マイルから車で10分、峠からみる夕日。泊まらないとなかなか行けない、とっておきのポイント。毎日違う表情をみせてくれます。遠くから来た人も カケロマに住んでる人も 美しい所へ いきましょう。
e0220493_22431376.jpg

[PR]
by rainbow-island-5 | 2011-05-13 22:16 | カケロマの季節 | Comments(2)
あんまりあったかくて
e0220493_23494677.jpg

脱いじゃった!はしれ!
e0220493_23512456.jpg

何がいた?
e0220493_23524959.jpg

おねえたちの海開き
もうちょっとあたたかくなったら なぎも入ろうね。
髪の毛が立っているのは 風じゃないよ いつもアンテナたってるんです。
[PR]
by rainbow-island-5 | 2011-03-18 23:56 | Comments(0)

母なる地球

言葉にならない この日本でおこった おおきな 地球のうごめき

こんなつらい波動が満ちているときこそ 闇の中の光をみつけられますように。
e0220493_23595642.jpg


離れたところにいるわたしたちが落ち着いて 調和の祈りをおくります。恐怖に飲み込まれず 日々のしあわせを ありがたく噛み締めます.
e0220493_03513.jpg

 
愛する人たちと一緒にいられること 
あたたかい 本当の ごはんがたべられること
風雨しのぐちいさな家があること
いのちがあること

地球という母の上で生かされているいのち
体の声 自然の声 地球の声に耳をすませ
感謝をわすれず 
e0220493_0104019.jpg


ひとりひとりの気づきがひろがりますように
たましいがあるべき場所に帰れますように
小さな環 大きな環 繋がりますように

e0220493_0355385.jpg

この美しい地球の未来に原子力発電はいりません。
こどもにのこすのは この自然だけでいい。
[PR]
by rainbow-island-5 | 2011-03-16 00:43 | Comments(0)